以前の脱毛は、「ニードル法」という針によって毛穴を

以前の脱毛は、「ニードル法」という針によって毛穴を刺激するものなど、痛みを感じるものが多くありました。けれど、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」と呼ばれるものです。
個人差がありますが、フラッシュ脱毛ならば少々ちくっとするくらいで、それほど痛いとは感じません。ただ、Vラインなどの毛が密な部分は少し痛みが強くなるでしょう。
ちまたのクチコミ情報を見ても医療脱毛の方が脱毛サロンやエステでの脱毛より、刺激が強いといわれていますが、レーザーにはいくつかの種類があり多少は痛みを感じにくくできます。
そのため、痛みに弱い人でも、痛みの少ない脱毛クリニックに行ってみましょう。冷却剤を当てながらレーザーを照射すれば、痛みを最小限に抑えられます。いわゆる毛深い人に関していえば、脱毛エステで自分の満足できる肌の状態になるまでかなり時間をかけなければならないようです。
普通の人なら施術を12回ほど受けると脱毛完了になるとしたら少し毛深い人はもっと多く、16〜18回、さらにそれ以上の回数が必要になることもあり得ます。時間のやり繰りが厳しい、時間をあまりかけられないという人は、医療系の脱毛クリニックを選んだ方が期間は短く済むことでしょう。ただ、クリニックの機器はパワーが大きく、痛みが多少強くなってしまうようです。センスエピ(SensEpil)はイスラエルで開発されたフラッシュ式の家庭用脱毛器シリーズです。光脱毛器のカートリッジは消耗品ですが、センスエピなら交換不要で5万回使用できるため、トータルコストがわかりやすいという評価もあります。気になる出力調整は、5段階。
そのときのお肌や体調にあわせて無理なく使用でき、顔から首筋、うなじまで、微妙に肌の濃淡が違うところも最適かつ安全に脱毛できます。センスエピシリーズは製品ごとに形が違いますが手の小さな方でも握りやすい形状と軽さが特徴です。
どれも取り回しがラクで、疲れずに自分のペースにあわせて脱毛できると評判ですが、照射面積が小さいため、やはり広範囲の脱毛は時間がかかります。この価格帯では広さと細かさの両方に対応するのは難しいと思いますので、特徴を考慮した上で購入するのがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です